30代夫婦の賃貸シンプル生活

30代、既婚子なし。賃貸だけどおしゃれにラクして暮らしたい。そして少しだけ余裕のある生活を送りたい。

【ビットコイン投資体験談】アルトコインに手を出す。ビットコインをショートしてみた。

こんばんは、gaseriの夫です。

f:id:gaseri:20201127215229j:plain

今回は暗号資産のアルトコインに手を出したこと、ビットコインを空売り(ショート)してみたことを書きたいと思います。 

前回、仕事頑張って稼いだ方がよいと言った割に全然懲りていません。。

gaseri.hatenablog.com

 

アルトコインに手を出してしまう 

元本を取り戻し、ほんの少しばかりの小銭を稼いだので、そのまま終えるつもりでいたのですが、どうにも刺激が欲しかったようで、ついアルトコインにも手を出してしまいました。楽しそうなゲームはプレイしてみたいんです。

 

ビットフライヤーでは12種類の暗号資産を取り扱っているのですが、そのうちのいくつかを購入することにしました。私が手を出したのはこの3つ。

  • XRP
  • ETH
  • XEM

なぜXRP(リップル)

XRP(リップル)は金融機関向けの国際送金サービスを目指すアルトコインのようです。ビットコインと違って電力を大量に使用するマイニングという処理をしないということでSDGs的な視点でよいかなぁと。こういうのをESG投資っていうのですかね。ただ、米SECと裁判中なので、そこが懸念点です。

 

なぜETH(イーサリアム)

ETH(イーサリアム)はアルトコイン代表と言ってよい仮想通貨です。ビットフライヤーの中ではビットコインの次に取引が活発で、今話題の『NFT』での支払いではイーサリアムベースの暗号資産で取引されることが多いということで。ちなみに正式な単位は”イーサ”というらしいです。この間まで"1イーサリアム"って感じで使っていました。

 

なぜXEM(ネム)

XEM(ネム)は大変申し訳ないのですが、ビットフライヤーの中で一番お安かったので、一攫千金を狙うならと思い、欲望渦巻くままに購入しました。

 

現在の成績

今のところ、XRPは購入時価格の3倍、ETHは購入時価格の+5万円で推移していて好調なんですが、XEMは購入時価格より20円も下がってしまいました。

 

こんな感じですが、投入資金はおこづかい程度しか入れていませんので、私腹を肥やすほどには至っていません。XRPにがっつり入れる勇気がなかったです。。ビットコインの時に続き、投資センスなしですね。

 

ビットコインをショートしてみた

話は変わりますが、最近ビットフライヤーの取引システムを調べていたら、空売り(ショート)と呼ばれる現物を持たずにビットコインを借りてきて売ることができることを知りました。

 

具体的には『ビットフライヤー ライト二ング(bitflyer Lightning)』と呼ばれる取引システムの「BTC-FX」内で取引可能なことを知りました。

 

空売りとは、簡単にいえば、相場が下がっている時に儲けられる取引です。取引所に証拠金として現時点のビットコインを借りて売ります。逆に上がったら損します。

 

例えば、値が10万円下がったら、そこで買い戻すと、安く買い戻せるので10万円分が利益になるという仕組みです。

 

2017年でのビットコインブームでは最高値でキャッチした後に大暴落を経験しているので、2021年のビットコインブームもいずれ大きな調整局面がくるのではと思っています。

 

そこで700万近い値のビットコインも今のうちにショートしておけば大暴落で儲けられるのではと。。

 

しかもBTC-FXはレバレッジ取引が出来るではないですか。最近、最高レバレッジが4倍→2倍になってしまいましたが、私にとっては十分。レバレッジ2倍でショート。ニヤニヤしますね。

 

そこで練習がてらさっそく、どんな感じか試してみました。

 

レバレッジで目が離せない、追証・ロスカットの恐怖

さっそくやってみましたが、恐怖を感じました。

 

普通に買っていた時より何が怖いかというと、いつ爆上げしてロストカットされるか心配で心配で気が気でいられなくなるからです。

 

購入タイミングが悪かったのでしょう。いきなり値が上がってどんどんマイナスに。

 

ま、少し置けばまた下がるでしょ。と油断していたところ、予算一杯まで証拠金入れていたのですぐさま、追証メールが届きましたw

 

ビットフライヤーでは証拠金維持率を100%未満になると追証ルールが適用されます。決められた期日までに証拠金を増やさないとロスカットされてしまいます。

証拠金維持率が50%になっても期日なしでロスカットされます。

 

そこからロスカットにおびえる生活がはじまりました。

 

時間があればすぐチャートを見ては、

まだ大丈夫?

ここ乗り越えれば大丈夫?

来週中にお金準備しておいた方が良いのか。。

といった具合にスマホが手放せなくなりました。

 

レバレッジ取引だと追証・ロスカットの恐怖で目が離せなくなります。

 

まとめ 

アルトコインで3倍になったものがありましたが、結局、大金を入れる勇気がなく、お小遣いを3倍に増やしただけで終わりました。投資には己を信じ切る力も必要だと思います。

 

ビットコインをレバレッジ×ショートしてみて感じることは、投資初心者はレバレッジにやはり手を出さない方がよいです。。

 

時間がある方でメンタル強めな方、あと私のように好奇心旺盛でゲームが好きな方wは自己責任でやるのがよいかと。

 

実際にやるとかなり勉強にはなりました。なんせ自分のお金が勉強代として一瞬で消えるかもしれないので。

 

BTC-FXではレバレッジ1倍でもショートできるので、それが一番無難かもしれないですね。ビットコインがここで下がるならばの話ですが。

 

今日はここまで。